間違った顔脱毛 危険性

間違った顔脱毛の危険性

間違った顔脱毛の方法として真っ先に挙げられるのは剃刀による自己流の脱毛方法です。

 

特に、カミソリ負けをしているのにえんえん剃刀を使って脱毛し続けるのは、
肌を痛める原因になりますし、絶対におすすめしません。

 

エステサロンで顔脱毛を受けるか、もしくは自宅で使える家庭用光脱毛機器を使う事によって、
剃刀を使った脱毛を辞めた方が、結果的にお肌の負担を減らす事が出来る可能性があります。

 

本当は一番肌に負担をかけないお顔の無駄毛の処理方法ははさみによる脱毛なんですが、
顔の産毛は短いので、はさみで全ての毛を脱毛する事は難しいのが現実です。

 

抑毛ジェル等を使った方法もありますが、使う抑毛ジェルが肌に合うかは個人差があります。
肌にやさしいものもありますので、もし肌が弱いならばそういった抑毛ジェルを選ぶと良いでしょう。

 

光脱毛が全ての人に合っているとは限りませんが、
もし今剃刀負け等をしているのであれば、自分に合った脱毛方法を選ぶ必要があります。

 

顔脱毛に関して、エステサロンで脱毛すると、
プロのエステティシャンに施術をしてもらえるという安心感があります。

 

かつ、医療機関と提携しているエステサロンであれば、顔脱毛に関するトラブルでまれに耳にする、
赤くなってしまった、色素沈着を起こしてしまった、といったという問題が起こった場合に、
提携する医療機関を紹介して貰えるので安心です。

 

ただし、自宅で処理を行うよりも、ある程度金銭的な負担は必要になってきます。

 

どうしても金銭的な負担を増やしたくないけれど、光脱毛はやってみたい、
という場合は自宅で使う事の出来る家庭用光脱毛機器を使って自力で光脱毛を行うという方法もあります。

 

この場合、金銭的な負担はエステで行う光脱毛よりは安く上がりますが、
自力で続けるという根気が必要になってきます。

 

抑毛ジェルによって毛を薄くしていくという方法は、
ある程度気長に塗り続けなくてはならないという事と、効果に個人差があるという難点があります。
しかし、家庭用光脱毛機器を使った脱毛より安価に脱毛を行う事が出来ます。

 

結論としては、色々な顔脱毛の方法があるもののより最終的にお肌に負担の
かからない方法を選択する必要がある事と、自分の肌に合った脱毛方法を選ぶ必要がるという事です。

 

もしエステサロンで受ける脱毛に対して不安感を持っているのであれば、
顔以外の部位からでも脱毛を体験してみると良いでしょう。

 

脱毛で感じる痛みも、全く痛くない人から輪ゴムで弾く程度の痛みを感じる人もで人それぞれですので、
自分がどの程度痛みを感じるかも理解できますよ。